スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣席は組長の妻?知るわけない、とサッチー提訴(読売新聞)

 週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也名誉監督の妻、沙知代さん(78)が、発行元の新潮社に3300万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。提訴は10日付。

 問題となったのは、今月3日発売の同誌6月10日号の記事。沙知代さんが5月に両国国技館(東京)で開かれた大相撲夏場所を土俵近くの維持員席で観戦した際、隣に座った指定暴力団組長の妻と何度も談笑していた、などと報じた。訴状では「隣の女性は見知らぬ人で素性を知るよしもなかった。読者は(沙知代さんが)暴力団と密接な関係にあるとの印象を抱くことは明らか」としている。

 週刊新潮編集部の話「記事は客観的事実を報じたものだ」

<不審火>名古屋市昭和区で連続5件 ごみなどが燃える(毎日新聞)
「paperboy&co.」創業者・家入一真氏、代表取締役を退任
鳩山首相「菅直人、大変切れすぎて…」に爆笑(産経新聞)
<南アW杯>関連ビジネスへ期待高まるも治安などで振るわず(毎日新聞)
参院選 7月11日固まる 郵政法案、今国会成立見送りへ(毎日新聞)
スポンサーサイト

日本記者クラブ賞 梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)

 社団法人日本記者クラブ(斎藤史郎理事長)の総会が28日、東京都内で開かれ、今年度の日本記者クラブ賞に選ばれた梅津時比古記者(61)に、賞状とプラチナ製メダルが贈られた。

 梅津記者はクラシック音楽担当。今回は、音楽の新しい聴き方を長年にわたりさまざまな形で読者に提示し、新聞の音楽評論の分野で斬新な世界を確立したことが高く評価された。音楽担当記者の同賞受賞は初。

 この日の贈賞式などで梅津記者は、「クラシック音楽の聴き方の多様性が認められてうれしい」と語った。

 ◇7月9日に梅津記者の受賞記念講演会

 梅津記者の受賞記念講演会が7月9日午後6時、東京都千代田区内幸町の日本記者クラブ10階ホールで開かれる。テーマは「音楽の新しい聴き方」。無料、200人(申し込み先着順)。希望者は住所、名前、年齢、参加人数、連絡先電話番号を記入し、往復はがきで〒100-0011東京都千代田区内幸町2の2の1、日本プレスセンター内日本記者クラブ事務局「クラブ賞受賞記念講演会」係へ。返信用はがきにあて先を記入すること。電子メールの場合はkinenkoen@jnpc.or.jpへ。

【関連ニュース】
日中韓首脳会談:3カ国の若手演奏家が三重奏披露へ
生きる:心癒やす弦の音色 川畠さん演奏会
目白シンラート:夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能
ベルリンフィル:指揮者の佐渡裕さん客演へ
ひと:大江馨さん 日中韓首脳会談でバイオリン演奏を披露

財政中期フレーム、会期中に=野田財務副大臣(時事通信)
皇太子さま、シンポジウムにご出席 アフリカテーマに国連大学で(産経新聞)
優良種牛5頭、遺伝子検査を延長=さらに1週間は経過観察―口蹄疫(時事通信)
官房機密費「目的分からぬ」(産経新聞)
松本大洋氏作品をiPad配信=小学館(時事通信)

長嶋さん「多摩川の母」に別れ…おでん店女将通夜に巨人OB多数(スポーツ報知)

 今月16日に多臓器不全のため亡くなった東京・大田区の旧多摩川グラウンド近くのおでん店「グランド小池商店」の女将(おかみ)・小池まつさん(享年82歳)の通夜が20日、東京・西五反田の桐ケ谷斎場で営まれた。巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(74)、堀内恒夫前監督(62)らジャイアンツOBが多数参列した。

 「小池のおばちゃん」に別れを告げるために往年のV9戦士が集結した。巨人が多摩川を練習場として使用した1955年から98年まで、ナインの憩いの場だった店で名物女将として愛された小池さん。常連だった長嶋終身名誉監督は、焼香を終えた後に「グラウンドのすぐそばでね、おでんからサイダーまで何でもあったなあ。みんな『おばちゃん、おばちゃん』って呼んでね。人柄? 最高よ」と故人をしのんだ。堀内氏は「コーチに『腹痛い』なんて言ってジュースを飲みに行ったりね。いい時代だった。本当に寂しい」と、店に通った若いころを懐かしんだ。ほかにも末次利光、黒江透修、吉田孝司、倉田誠、河埜和正、関本四十四らOB各氏が参列。さらに王貞治、篠塚和典、駒田徳広、宮本和知、緒方耕一各氏からは弔花が贈られた。

 戒名は「慈愛球琳信女(じあいきゅうりんしんにょ)」。小池さんの人柄を表す「慈愛」の言葉に、野球の「球」の一文字が続いた。入り口に置かれたデジタルフォトフレームは、店に飾った55年分の写真を映し出した。葬儀・告別式は21日午前10時から同所で行われる。


 【関連記事】
堀内氏、地元で堂々“第一声”「初回は三者凡退だ」
堀内氏が“選挙始球式”王さんから「目指せ!総理大臣」
政治の混乱をスターの顔で収めるのは間違っている
進次郎氏「巨人はまるで人材の宝庫」

ボタン電池どう回収? 業界がルート統一 周知乗り出す(産経新聞)
シティバンク副支店長2人を逮捕=タクシー運転手殴る―兵庫県警(時事通信)
事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞)
CO中毒、カツオは無関係(産経新聞)
一体誰がいつのまに…「こち亀」麗子像が真っ直ぐに(産経新聞)

大阪ガス子会社元部長を逮捕=背任容疑-大阪府警(時事通信)

 大阪ガス子会社「オージス総研」(大阪市西区)に在職中、架空の外部委託業務を発注して同社に損害を与えたとして、大阪府警捜査2課などは13日、背任容疑で、兵庫県宝塚市、同社元部長平田敏則容疑者(46)を逮捕した。 

消費税率の明記は見送り 自民参院選公約原案(産経新聞)
ニセ女医の「勤務先」、実際は「通院先」(読売新聞)
山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑-ビル管理男性から・警視庁(時事通信)
韓国艦沈没 外相「協力惜しまぬ」(産経新聞)
国際定期便、10月末就航=羽田の新滑走路完成で―前原国交相(時事通信)

<民主党>山岡氏「普天間は雲の上の話」と発言 抗議で撤回(毎日新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は6日、党本部で開かれた「女性議員ネットワーク会議」の総会であいさつし、米軍普天間飛行場移設問題について「直接国民生活に影響しない。地方にいくと、普天間というのは何か雲の上のお話だ」と発言した。これに対し、会合に出席していた沖縄県糸満市の女性市議が「普天間問題は生活を破壊される大きな問題だ」と抗議。山岡氏は「本質的に沖縄の負担を減らしていかなければならない」と謝罪し、発言を撤回した。

【関連ニュース】
普天間:社民党「月内決着」先送り要求 民主との関係模索
普天間:鳩山首相 「5月末決着」変更なしを明言
普天間:県内移設表明を批判…共産党・志位委員長
普天間移設:首相、地元説得の継続確認
普天間移設:首相「県外」断念表明、市長、住民らは反発

新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
与党議員、官邸前で首相批判 普天間「狂気の沙汰」 社民の山内・服部両氏(産経新聞)
愛好家の祭典「大盆栽まつり」始まる 5日まで(産経新聞)
飼い犬助けようと川に飛び込み、男性不明(読売新聞)
嘉手納基地の空軍1等軍曹、酒気帯びで逮捕(読売新聞)
プロフィール

いりさわときお

Author:いりさわときお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。